FC2ブログ

A+こつこつ工房

箱庭世界、ミニチュアのサイトです。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「研究室」の概要

2013/05/25 00:09 [Sat]
先日、参加したデザインフェスタで名刺を大量に配布してきたのですが、印刷されているムーン教授の「研究室」の作品についてたびたび質問がありました。

mine.jpg

「…これは絵ですか?」

「いえいえ、立体作品を真正面から撮影しているだけです」、とお答えしたのですが今一つピンとこないお客様が多かったので、この場を借りてご説明します。(ややこしてくてすみません)

時間の流れ、刹那的瞬間というか、そういったのをミニチュアで表現できないかと考えたわけでして…。

ムーン教授という月に住む男(架空の人物です)が、普段使用している研究室。という設定を最初に考えて、月というからには無重力だよねぇということで、重力安定装置なるものがあるとして、それが壊れた瞬間をミニチュアで表現したわけです。

浮遊感と同時に、時がすっと止まるような瞬間。短いようで長いような…そんなイメージで制作しました。

別画像をみたら、立体作品というのがよりわかりやすいです。
PB030304ms.jpg

ムーン教授の本を今年完成させる予定で少しずつ動いていますが、どうせ作るならおもしろいものを作りたいので時間がまだまだかかりそうです。

それから、ムーン教授をテーマにまた何かやりたいなぁとうずうずしています。
夢をみつつ今夜も制作に没頭です。

« 進み具合  | HOME |  標屋 »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

A+こつこつ工房

Author:A+こつこつ工房
A+こつこつ工房と申します。
沖縄在住です。

まだまだ未熟者ですが楽しく作品を制作しています。
箱の中の小さくも壮大な世界をテーマに今日もこつこつ作ります。

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。